過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 家政学概論 問55

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
化学繊維に関する次の記述のうち正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
アクリルは毛玉ができやすい。
   2 .
ナイロンは熱に強い。
   3 .
レーヨンは水に強い。
   4 .
ポリエステルは吸湿性が良い。
   5 .
ビニロンは弾性に富む。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 家政学概論 問55 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

46
1.○
2.× ナイロンは熱に弱く、タバコの火などで溶けます。
3.× レーヨンは水に弱く、水につくと縮みます。
4.× ポリエステルは吸湿性が低く、蒸気を通しにくいです。
5.× ビニロンは弾性は低い。
付箋メモを残すことが出来ます。
23
正解は 1 です。

アクリル・ナイロン・ポリエステルといった化学繊維は丈夫なのですが、毛玉ができやすく取れにくいという性質があります。
むしってしまうと生地表面が毛羽立って更なる毛玉を作ってしまう原因となりますので、はさみで切ったり毛玉取りを使ったりした方が良いです。
15
1:正しい。
2:誤り。ナイロンは熱に弱いです。
3:誤り。レーヨンは水に弱いです。
4:誤り。ポリエステルは吸湿性が低く、すぐに乾くのが特徴です。
5:誤り。ビニロンは弾性が低いです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。