過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10541問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本における肝硬変の原因として、最も多いものを一つ選びなさい。
   1 .
アルコール性肝炎
   2 .
薬剤性肝炎
   3 .
胆汁うっ滞性肝炎
   4 .
B型肝炎
   5 .
C型肝炎
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 医学一般 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
正解は 5 です。

日本における肝硬変の原因の割合は年度によって若干変化しますが、ダントツで多いのがC型肝炎です。
次いでB型肝炎やアルコール性肝炎が多くなっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
1.× 
2.× 
3.×
4.× B型肝炎よりもC型肝炎の方が肝硬変になる確率が高い為不正解。
5.○ 全体の75%程度を占める。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
1:誤り。アルコールが原因で肝硬変になる恐れはあるものの、最も多い原因ではないです。
2:誤り。薬剤性肝炎は毒物や薬物の副作用によって発病するもので、慢性肝炎および肝硬変になる恐れがあります。肝硬変を引き起こす最大の原因ではないです。
3:誤り。胆汁うっ滞肝炎では、肝臓内の胆汁堆積が肝硬変を引き起こします。しかし、最多の原因ではないです。
4:誤り。B型肝炎ウィルスが肝硬変を引き起こす恐れはあるものの、最大原因とは言えません。
5:正しい。C型肝炎ウィルスによって肝臓の炎症が続き、やがて肝硬変になります。肝硬変患者の多くは、C型肝炎が原因だと言われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。