過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 医学一般 問62を出題

問題

[ 設定等 ]
急性膀胱炎の症状として、通常見られないものを一つ選びなさい。
   1 .
頻尿
   2 .
発熱
   3 .
尿混濁
   4 .
排尿痛
   5 .
細菌尿
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 医学一般 問62 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
51
評価しない
正解は 2 です。

急性膀胱炎は、大腸菌などの細菌が尿道から侵入する事で起こります。
一般的に発熱する事は稀で、高熱が出た場合、細菌感染が膀胱だけに留まらず、腎臓にまで及び、腎盂腎炎になっている可能性が考えられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
23
評価しない
1:誤り。頻尿は尿意を感じる回数が多くなることです。急性膀胱炎の主な症状の一つです。
2:正しい。急性膀胱炎の症状としては、発熱は見られません。
3:誤り。尿混濁は急性膀胱炎の主な症状です。白血球が増えることで、尿の色が白に濁ります。
4:誤り。排尿痛急性膀胱炎の主な症状です。排尿に痛みを伴い、特に終わりかけに強い痛みが出ます。
5:誤り。尿のなかに細菌が見つかれば、急性膀胱炎と診断されます。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
1.×
2.○ このような症状は尿路感染症の時にでます。
3.×
4.×
5.×
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。