過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10548問」を出題

問題

[ 設定等 ]




在宅医療に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
主治医は「地域医療支援病院」の医師でなければならない。
 2 . 
保健所は在宅で療養する患者の個別支援を行うことはない。
 3 . 
静脈注射は医師でなければ行えない。
 4 . 
在宅での緩和ケアは保険診療の対象外である。
 5 . 
24時間対応可能な在宅療養支援診療所が制度化されている。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 医学一般 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
20
評価しない
正解は 5 です。

現在の日本では、医療の進歩により寿命の延長や高齢化により、看取りを病院ではなく在宅で行う動きが強まっています。

24時間対応可能な在宅療養支援診療所が制度化されたことで、これまで病院でしか管理出来なかった人工呼吸器装着者のような常に医療の手が必要となる重症患者も在宅で生活することが可能となりました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
1.× 在宅医療の主治医は「地域医療支援病院」の医師とは決められていない。
2.× 保健所にて個別支援を行っている。
3.× 看護師などでも実施することが出来る。
4.× 保険診療の対象である。
5.○ 
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1:誤り。在宅医療の主治医は、地域医療支援病院の医師に限定されているものではないです。
2:誤り。保健所は在宅で療養する患者の個別支援を行うことができます。
3:誤り。静脈注射ができるのは医師と看護師です。看護師が行う静脈注射は、診療の補助行為の範疇として取り扱われているため、医師の指示があれば看護師がそれを担うことができます。
4:誤り。在宅での緩和ケアは、保険診療の対象となっています。
5:正しい。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。