過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第23回(平成22年度) 精神保健 問69を出題

問題

[ 設定等 ]
日本の自殺に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
電話相談サービスは存在しない。
   2 .
年間自殺者は1998年から1万人程度で推移している。
   3 .
ここ数年は、中年女性の自殺者数の増加が著しい。
   4 .
自殺者の90%はうつ病に罹患している。
   5 .
男性では20歳代より50歳代の自殺率が高い。
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 精神保健 問69 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
1.× 内閣府等様々な機関で存在している。
2.× 平成9年から10年に急増し、現在3万人を超えている。
3.× ここ数年は、女性ではなく中年男性の自殺者数が増加している。
4.× 9割が精神疾患を有していたと示唆されているが、そのうちの30%程度が鬱と言われています。
5.○
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は 5 です。

50歳代の自殺率は20歳代のおよそ倍です。

その原因は、主に不況の影響による倒産・事業不振・失業などではないかと推測されています。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
1:誤り。各地方自治体や、NPO団体等が自殺予防のための電話相談サービスを提供しています。
2:誤り。年間自殺者は1998年から約3万人で推移していますが、H27年の警察庁「自殺統計」における自殺者数は2.4万人でした。
3:誤り。ここ数年は中年男性の自殺者数の増加が著しいです。
4:誤り。うつ病=自殺とは限りません。自殺者のうち、うつ病罹患者の割合を表したデータは無いものと思われます。
5:正しい。50代の方が自殺率が高いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。