過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 精神保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

せん妄と比較した場合、認知症の特徴として、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
発症が急激である。
 2 . 
症状が可逆的である。
 3 . 
意識が清明である。
 4 . 
薬剤が誘因となる。
 5 . 
夜間に悪化する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

正解は 3 です。

せん妄とは、意識が混濁し、幻覚や錯覚が見られているような状態の事を指します。

認知症でも幻覚や錯覚が見られる事がありますが、基本的に意識ははっきりとしています。

2015/03/10 08:29
ID : qxeqvpry
7

1.× 発症が急激なのはせん妄である。
2.× 認知症は不可逆的である。
3.○ 
4.× 薬剤が原因で発症するのはせん妄である。
5.× 夜間に悪化するのはせん妄である。

2014/08/31 01:05
ID : myoeumyn
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。