介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10569問 出題

問題

温罨法の作用として、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
新陳代謝を抑制する
 2 . 
局所の血管が収縮する
 3 . 
交感神経を刺激する
 4 . 
平滑筋が緊張する
 5 . 
知覚神経の興奮を抑える

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
18
評価しない
温罨法は、身体の一部を温めることによってその部分の血管を拡張し、血流を良くします。それにより、新陳代謝を促進したり、筋肉の緊張を和らげます。また、知覚神経に作用し痛みを緩和する効果もあります。
お腹への温罨法は腸管蠕動を促進し、排便を促す作用があります。

以上より、回答は5となります。
評価後のアイコン
2014/08/30 13:06
ID : bqzuosqqxo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1:× 新陳代謝を亢進する。
2:× 血管が拡張(弛緩)する。
3:× 副交感神経を刺激する。
4:× 平滑筋が弛緩する。
5:○ 知覚神経の興奮を抑える。
評価後のアイコン
2014/10/04 12:48
ID : jjuehzgo
評価する
1
評価しない
罨法とは、患部の症状を和らげるために、温熱や寒冷刺激を与える技術のことです。蒸しタオルや、温湿布等で温める罨法を、温罨法といいます。体温低下や便秘等がみられる患者に対して行います。

1:誤り。熱によって新陳代謝を促進します。
2:誤り。局所の血管が熱によって拡張します。
3:誤り。お風呂に入ればリラックスするのと同じように、熱によって副交感神経が刺激されます。
4:誤り。平滑筋が弛緩します。
5:正しい。知覚神経の興奮を抑える効果があります。
評価後のアイコン
2017/02/20 11:25
ID : sxbqrotfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
過去問.com 介護福祉士の授業
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。