過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10578問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
5年前に介護老人福祉施設に入所したHさん(87歳、女性)は、入所当初は移動には車いすの 介助が必要であった。しかし、現在では車いすを自分で操作して移動し、何かにつかまれば2~3歩 は歩行可能で、移乗と排泄は自立している。Hさんは歌が好きで社交的である。最近は視力と下肢の 筋力の衰えが目立ち始めた。また、1ヶ月前には同じ年で仲の良かった友人が亡くなった。Hさんは 睡眠薬を服用するようになり、今日の明け方、入所後初めて失禁してしまった。Hさんは「こんなこ とになってしまって…」と泣きくずれた。

【問題】
泣いているHさんへの共感的な声かけとして、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 .  「泣くほど大変なことではないですよ」
2 .  「泣きたいほどつらいのですね」
3 .  「みんなが頼りにしていますから頑張りましょう」
4 .  「泣かれると私もつらいです」
5 .  「みなさんも同じですよ」
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 介護技術 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
正解…「2」
「共感的」とは相手の思うこと、伝えたいことを理解し代弁するなどにより相手が「自分の気持ちをわかってくれた」と感じること。安易な励ましや評価は逆効果になることもある。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1:× 「泣くほど大変なことではないですよ」というのは、共感的な声かけではない。
2:○ 気持ちを受け止めるような声かけが必要。
3:× 共感の声かけとは言えない
4:×「泣かれると私もつらいです」は、共感的な声かけではない。
5:×「みなさんも同じですよ」は、共感的な声かけではない。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は2です。
「共感的」とは、相手の立場にたったら自分はこう思うという姿勢のことを意味します。
したがって、共感的声かけは相手が主体です。
この中で、主語が私ではないものは2だけです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1:誤り。Hさんの気持ちに寄り添うような共感的声掛けとはいえないため、不適切です。
2:正しい。Hさんの気持ちに寄り添う声かけであるといえます。
3:誤り。安易な励ましは控えるべきです。
4:誤り。この際、介護者の気持ちは言う必要はないです。共感的声掛けとは言えないです。
5:誤り。Hさんの気持ちに寄り添うような共感的声掛けとはいえないため、不適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。