介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10579問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
5年前に介護老人福祉施設に入所したHさん(87歳、女性)は、入所当初は移動には車いすの 介助が必要であった。しかし、現在では車いすを自分で操作して移動し、何かにつかまれば2~3歩 は歩行可能で、移乗と排泄は自立している。Hさんは歌が好きで社交的である。最近は視力と下肢の 筋力の衰えが目立ち始めた。また、1ヶ月前には同じ年で仲の良かった友人が亡くなった。Hさんは 睡眠薬を服用するようになり、今日の明け方、入所後初めて失禁してしまった。Hさんは「こんなこ とになってしまって…」と泣きくずれた。

【問題】
Hさんの失禁への支援として、最も大切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
おむつの使用を勧める。
 2 . 
水分を控えるように勧める。
 3 . 
室内にポータブルトイレを置く。
 4 . 
一人でトイレに行かないように伝える。
 5 . 
Hさんと一緒に今後の対応を考える。

この介護福祉士 過去問の解説(4件)

評価する
3
評価しない
1:× 初めての失禁でおむつの使用を勧めることは適切ではない。オムツは本人にとって羞恥心となる
2:× 水分を控えることは脱水傾向となる可能性がある
3:× 室内にポータブルトイレを置くことは適切ではない。下肢の筋力が弱い、夜間の歩行が不安定な場合にはポータブルトイレを使用する
4:× 一人でトイレに行けるにも関わらず、行かないよう伝えることは適切ではない。
5:○ 今後の対応を考えることが大切。
評価後のアイコン
2014/10/04 14:26
ID : jjuehzgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解…「5」
本人と話しながら状況によって提案していくことが適切。本人の精神安定が第一。
水分の控えは脱水につながるので危険。
評価後のアイコン
2014/10/07 02:02
ID : fvejmypcpz
評価する
1
評価しない
正解は5です。
もともと排泄は自立している方であり、また文章からはHさんの認知能力は比較的保たれていることが読み取れます。
したがって、Hさんの行動を制限するよう強制する1、3,4の対処は誤りです。
また2は、確かに排尿の間隔は伸びるかもしれませんが、高齢者には常に脱水の危険がありますので不適切です。
評価後のアイコン
2014/08/30 20:53
ID : bqzuosqqxo
評価する
0
評価しない
1:誤り。初めての失禁でおむつの使用を勧めることは、安易で短絡的です。その他の方法を検討するのが介護職の役割です。よって、この選択肢は不適切です。

2:誤り。失禁をしたからといって水分補給を控えるように勧めることは不適切です。また、脱水の恐れがあります。

3:誤り。初めての失禁でポータブルトイレの使用を勧めることは、安易で短絡的です。その他の方法を検討するのが介護職の役割です。よって、この選択肢は不適切です。

4:誤り。自力で排泄ができるHさんなのに、この一回の失敗を論い、一人で行かないように伝えることは、支援として不適切です。

5:正しい。Hさんの気持ちに寄り添い、一緒になって今後の対応を考えることが介護者として求められる役割です。
評価後のアイコン
2017/02/20 11:35
ID : sxbqrotfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。