過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りを うつことができる状態が該当する障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)として、正 しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
ランクJ-2
 2 . 
ランクA-1
 3 . 
ランクB-2
 4 . 
ランクC-1
 5 . 
ランクC-2
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
19

1:× ランクJ-2は、何らかの障害を有するが、日常生活はほぼ自立しており、隣近所へなら独力で外出できる状態。
2:× ランクA-1は、屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出せず、日中はほとんどベッドから離れて生活する状態。
3:× ランクB-2は、屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保ち、介助により車椅子に移乗する状態。
4:○ ランクC-1は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りをうつことができる状態。
5:× ランクC-2は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要し、自力では寝返りもうたない状態。

2014/10/04 14:27
ID : jjuehzgo
付箋メモを残すことが出来ます。
9

正解は4です。
障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は大きくランクJ、A、B、Cに分けられます。
1日中寝たきりなのは、一番寝たきり度が高いCに分類されます。その中でも自分で寝返りが打てるかどうかで、C-1とC-2に分類します。
以上より、今回のケースはC-1に分類されます。

2014/08/30 21:07
ID : bqzuosqqxo
1

選択肢4が正しいです。

ランクJは、「何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する」ことができる状態を指します。
ランクAは、「屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出しない」状態です。
ランクBは、「屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが、座位を保つ」状態です。
ランクCは、「一日中ベッド上で過ごし、排泄・食事・着替において介助を要する」状態です。そのうえでC2は、「自力では寝返りもうたない」状態です。

※「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」参照。

2017/02/20 11:42
ID : sxbqrotfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。