過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りを うつことができる状態が該当する障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)として、正 しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
ランクJ-2
 2 . 
ランクA-1
 3 . 
ランクB-2
 4 . 
ランクC-1
 5 . 
ランクC-2
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
15

1:× ランクJ-2は、何らかの障害を有するが、日常生活はほぼ自立しており、隣近所へなら独力で外出できる状態。
2:× ランクA-1は、屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出せず、日中はほとんどベッドから離れて生活する状態。
3:× ランクB-2は、屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保ち、介助により車椅子に移乗する状態。
4:○ ランクC-1は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要するが、自力で寝返りをうつことができる状態。
5:× ランクC-2は、一日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要し、自力では寝返りもうたない状態。

2014/10/04 14:27
ID : jjuehzgo
6

正解は4です。
障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は大きくランクJ、A、B、Cに分けられます。
1日中寝たきりなのは、一番寝たきり度が高いCに分類されます。その中でも自分で寝返りが打てるかどうかで、C-1とC-2に分類します。
以上より、今回のケースはC-1に分類されます。

2014/08/30 21:07
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。