過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

埋(植)込式心臓ペースメーカーを装着した人の日常生活の注意点として、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
入浴時の水位は埋(植)込部より低くする。
 2 . 
装着する前からの習慣である腕立て伏せを再開する。
 3 . 
携帯電話の使用は支障ない。
 4 . 
脈拍は医療従事者に測ってもらう。
 5 . 
吃逆(しゃっくり)が続くときは受診する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

1:× ペースメーカーを装着した場合であっても、通常の入浴を行うことが出来る。
2:× ペースメーカーを装着した場合、腕立て伏せはペースメーカーへの負担が大きいため避けることが望ましい。
3:× ペースメーカーを装着した場合、携帯電話の使用により異常が起こることがある。
4:× ペースメーカーを装着した場合、脈拍は毎日自分で測定を行う。異常がないか管理していく。
5:○ ペースメーカーを装着し、吃逆(しゃっくり)が続くときは受診をする

2014/10/04 21:04
ID : jjuehzgo
11

正解は5です。
ペースメーカー植え込み後、心室に入っているリードを伝わる電気刺激が横隔神経に伝わり、横隔膜を一緒に刺激して吃逆がでることがまれにあります。
このような場合は、ペースメーカーの設定の調整が必要になりますので、必ず病院を受診しましょう。

2014/08/30 21:37
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。