過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(70歳、女性、要介護2)は、夫(78歳)と息子(45歳 会社員)とで同居している。Kさんは、40年来関節 リウマチに罹患し薬を服用し、頚椎カラーを装着している。現在、両手・肩・股・足関節に関節可動域制限があり、手 は足先までは届かない。ベッド上では自力で起き上がりはできるがベッドからの立ち上がりには介助が必要で、歩行器 での歩行が可能である息子は仕事から帰ると積極的に介護や家事をしてくれる。日中の生活援助は週3回の訪問介護員が行い、身体介助は夫が行っていた。最近、夫の左肩に痛みが生じ、訪問介護員に「今までのようにうまく妻の介助がで きない」と漏らすようになった。

【問題】
Kさんの日常生活への助言として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
マグカップは柄を持つ。
 2 . 
枕は高くする。
 3 . 
歩行は四脚つえを利用する。
 4 . 
床のものはしゃがんで拾う。
 5 . 
ソックスエイドを利用する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1:× 関節可動域制限があるので関節へ負担をかけてしまう。そのため両手で持つのが望ましい
2:× 頸椎カラーを装着しているため、枕は低くしないと負担になってしまう
3:× 両手の関節可動域が制限があるそのため杖を持ち歩行するよりも、歩行器の方が関節の可動域への制限があっても使用できる
4:× しゃがむことは股・足関節への負担が大きい。
5:○ 足先までは届かないときは、ソックスエイドを利用するとこが望ましい。

補足
頸椎カラーは、一般的に外傷のあるあるいは外傷の疑われる者に対して、頸椎を固定するために首まわりに装着する器材。
ソックエイドとは、股関節,膝関節の可動域の低下等により,靴下をはくのが困難な場合に使用する.

2014/10/18 14:21
ID : jjuehzgo
7

正解は5です。
手が足先まで届かないとのことですので、ソックスエイドの利用によって自分で靴下をはけるようになる可能性があります。
頚椎カラーを装着し、両手・肩・股・足関節に関節可動域制限があるということ、また40年以上の罹患歴ということより関節の変形が高度な重症のリウマチであることが想像できますので、1~4はいずれも該当の関節に負担をかけ、不適切であることがわかります。

2014/08/31 14:46
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。