過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(70歳、女性、要介護2)は、夫(78歳)と息子(45歳 会社員)とで同居している。Kさんは、40年来関節 リウマチに罹患し薬を服用し、頚椎カラーを装着している。現在、両手・肩・股・足関節に関節可動域制限があり、手 は足先までは届かない。ベッド上では自力で起き上がりはできるがベッドからの立ち上がりには介助が必要で、歩行器 での歩行が可能である息子は仕事から帰ると積極的に介護や家事をしてくれる。日中の生活援助は週3回の訪問介護員が行い、身体介助は夫が行っていた。最近、夫の左肩に痛みが生じ、訪問介護員に「今までのようにうまく妻の介助がで きない」と漏らすようになった。

【問題】
Kさんのベッドの立ち上がりを介助するため、ベッドの端に座ってもらった。訪問介護者が次に行うこととして、最も 適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
手を介護者の首に回して組んでもらう。
 2 . 
ベッド柵を強く握ってもらう。
 3 . 
両足底を床につけ、ベッドの高さを調節する。
 4 . 
頸部と体幹を十分に前屈してもらう。
 5 . 
介助用リフターをベッド脇に運ぶ。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

1:× 関節可動域の制限があるため、手を介護者の首に回してもらうことが難しい
2:× 両手・肩に関節可動域制限があるためベッド柵を握ってもらうことは適切ではない。ベッド柵をきちんと握ることができないと考えられるため。
3:○ 足底を床に付けることで、介助者の立ち上がりに負担をかけない。介護者の力も利用できるため、介助者への負担も軽減できる
4:× 頸椎カラーを装着しているため、頸部と体幹を十分に前屈してもらうことは望ましくない。頭部の重さであっても負担が加わっているのに、前屈をすると重力も加わり、頸部に大きな負担を与える
5:× 歩行器での歩行が可能であるため、必要ではない

2014/10/18 14:22
ID : jjuehzgo
5

正解は3です。
ベッドの高さの調整は、スムーズな立ち上がりのためには大変重要なポイントです。
関節可動域制限があることから、1,2,4は不適切であることがわかります。
「できることは自分でして頂く」ということが機能維持には大切なので、5の介助用リフターの使用も現時点では不適当です。

2014/08/31 14:50
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。