過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(70歳、女性、要介護2)は、夫(78歳)と息子(45歳 会社員)とで同居している。Kさんは、40年来関節 リウマチに罹患し薬を服用し、頚椎カラーを装着している。現在、両手・肩・股・足関節に関節可動域制限があり、手 は足先までは届かない。ベッド上では自力で起き上がりはできるがベッドからの立ち上がりには介助が必要で、歩行器 での歩行が可能である息子は仕事から帰ると積極的に介護や家事をしてくれる。日中の生活援助は週3回の訪問介護員が行い、身体介助は夫が行っていた。最近、夫の左肩に痛みが生じ、訪問介護員に「今までのようにうまく妻の介助がで きない」と漏らすようになった。

【問題】
夫に対する訪問介護員の対応として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
「まだ、やればできるから頑張ってください」
 2 . 
「身体介助は私が代わりましょうか」
 3 . 
「息子さんに介助してもらうよう頼んでください」
 4 . 
「肩の痛みは、どんどん動かすことで治まりますよ」
 5 . 
「介助のどのあたりは難しくなったのかを教えてください」
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

1:× 頑張っている人に対して励ますことはよくない。安易な励ましは望ましくない。夫も頑張っているため。
2:× 身体介助を交代を行うことが良いか夫を相談する
3:× 息子も自宅では家事や介護を手伝っているため、これ以上は息子への負担も大きくなってしまう
4:× 肩の痛みについて診断は医師が行う
5:○ 介助が難しくなった部分を聞き、夫と対応や今後のことを相談していく。

2014/10/18 14:22
ID : jjuehzgo
3

正解は5です。
現在まで妻の介護を献身的に行ってきた夫の気持ちを尊重しながらも、夫の現在の状況を正確に把握し、今できることとできないことをはっきりさせて、必要な援助を考えましょう。
1,2については、夫の状況がわからないままでこれらの発言をするのは無責任です。
3については、息子は現時点でも仕事・介護にかなりの時間を費やしており、これ以上負担を負わせることはあまり適切ではないと考えられます。
4については、訪問介護員が夫の病状について診断することは不適切です。病院受診をお勧めしましょう。

2014/08/31 14:54
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。