過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

平成19年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正の内容に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
介護福祉士の行なう「介護等」が、「入浴、排泄、食事その他の介護」へと、より具体的に規定された。
 2 . 
欠格事由の規定が廃止された。
 3 . 
信用失墜行為の禁止の規定が廃止された。
 4 . 
新たに資質向上の責務が規定された。
 5 . 
介護福祉士の資格が業務独占となった。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

1:× 平成19年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、介護福祉士の行う「入浴、排せつ、食事その他の介護」が「心身の状況に応じた介護」へと改正された。
2:× 欠格事由の規定は廃止されていない。
3:× 信用失墜行為の禁止の規定は廃止されていない。
4:○ 平成19年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正により新たに資質向上の責務が規定された。
5:× 介護福祉士の資格は名称独占であるが、業務独占ではない

2014/10/18 14:26
ID : jjuehzgo
7

正解は4です。
少子高齢化社会の進展により、福祉に携わる人材の量および質の向上が求められることから、それに対応するべく社会福祉士及び介護福祉士法が改正されました。

5⇒介護福祉士の資格は、業務独占ではなく名称独占です。

2014/08/31 16:11
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。