過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 老人福祉論 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
一人暮らし高齢者に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
「国民生活基礎調査(平成20年)」によると、65歳以上の者のいる「単独世帯」の数は、平成7年に比べて4倍に なった。
   2 .
「国民生活基礎調査(平成20年)」によると、65歳以上の者のいる世帯構造別の構成割合は、「単独世帯」、「夫婦 のみの世帯」、「3世代世帯」の順に多い。
   3 .
「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」によると、一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に「となり 近所の人」と答える者が最も多い。
   4 .
「日本の世帯数の将来推計」によると2030年(平成42年)には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合 は、4割近くまで上昇すると見通される。
   5 .
「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42年)には世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世帯は約440万世帯、女性の世帯は約280万世帯になると見通される。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人福祉論 問9 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

44
1:× 65歳以上の者のいる単独世帯の数は、平成7年に比べて約2倍になった。
2:× 「夫婦のみの世帯」、「単独世帯」、「三世代世帯」の順に多い。
3:× 一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に、「娘」と答える者が最も多い。
4:○ 2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合は、4割近くまで上昇すると見通される。
5:× 世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世帯は約280万世帯、女性の世帯は約440万世帯になると見通される。平均寿命が男性79.0歳、女性が85歳と女性の方が長生きであるためと考えられる。

付箋メモを残すことが出来ます。
15
正解は4です。
「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合は、4割近くまで上昇すると見通されています。
1⇒65歳以上の者のいる「単独世帯」の数は、平成7年に比べて約2倍になりました。
2⇒65歳以上の者のいる世帯構造別の構成割合は、「夫婦のみの世帯」、「単独世帯」、「三世代世帯」の順に多いです。
3⇒一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に、「娘」と答える者が最も多いとされています。
5⇒「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世帯は約280万世帯、女性の世帯は約440万世帯になると見通されています。
9
解答 4
2030年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合は、4割近くまで上昇すると見通されています

1 平成7年に比べ約2倍になっているため不適切です
2 65歳以上の者のいる世帯構成別の構成割合は、「夫婦のみの世帯」→「単独世帯」→「三世代家族」となっています。
3 娘が一番多いです(次いで息子→兄弟姉妹→隣近所となっています)。
5 65歳以上の単独世帯は、2030年には女性の世帯の方が多いため不適切です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。