過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一人暮らし高齢者に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
「国民生活基礎調査(平成20年)」によると、65歳以上の者のいる「単独世帯」の数は、平成7年に比べて4倍に なった。
 2 . 
「国民生活基礎調査(平成20年)」によると、65歳以上の者のいる世帯構造別の構成割合は、「単独世帯」、「夫婦 のみの世帯」、「3世代世帯」の順に多い。
 3 . 
「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」によると、一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に「となり 近所の人」と答える者が最も多い。
 4 . 
「日本の世帯数の将来推計」によると2030年(平成42年)には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合 は、4割近くまで上昇すると見通される。
 5 . 
「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42年)なは世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世 帯は約440万世帯、女性の世帯は約280万世帯になると見通される。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

1:× 65歳以上の者のいる単独世帯の数は、平成7年に比べて約2倍になった。
2:× 「夫婦のみの世帯」、「単独世帯」、「三世代世帯」の順に多い。
3:× 一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に、「娘」と答える者が最も多い。
4:○ 2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合は、4割近くまで上昇すると見通される。
5:× 世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世帯は約280万世帯、女性の世帯は約440万世帯になると見通される。平均寿命が男性79.0歳、女性が85歳と女性の方が長生きであるためと考えられる。

2014/10/18 14:26
ID : jjuehzgo
4

正解は4です。
「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち単独世帯の割合は、4割近くまで上昇すると見通されています。
1⇒65歳以上の者のいる「単独世帯」の数は、平成7年に比べて約2倍になりました。
2⇒65歳以上の者のいる世帯構造別の構成割合は、「夫婦のみの世帯」、「単独世帯」、「三世代世帯」の順に多いです。
3⇒一人暮らし世帯では、緊急時の連絡先に、「娘」と答える者が最も多いとされています。
5⇒「日本の世帯数の将来推計」によると、2030年(平成42)年には、世帯主が65歳以上の単独世帯における男性の世帯は約280万世帯、女性の世帯は約440万世帯になると見通されています。

2014/08/31 16:17
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。