過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

老人福祉法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
平成2年の改正によって、社会的活動への参加が基本的理念に盛り込まれた。
 2 . 
老人福祉法による福祉の措置は、介護保険制度創設に伴い廃止された。
 3 . 
養護老人ホームの入所要件は、要介護認定を受けている事である。
 4 . 
高齢者用賃貸住宅は、老人福祉法に規定されているものである。
 5 . 
有料老人ホームは、老人福祉施設の一つである。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1:○ 基本的理念に盛り込まれた。
2:× 介護保険制度創設後も廃止されていない。
3:× 養護老人ホームの入所要件は、65歳以上、環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難であることである。
4:× 高齢者専用賃貸住宅は、高齢者の居住の安定確保に関する法律に規定。
5:× 有料老人ホームは、老人福祉施設には含まれない。

2014/10/18 14:27
ID : jjuehzgo
8

正解は1です。
平成2年の老人福祉法改正は、高齢化社会の到来に備え、人生80年時代にふさわしい長寿・福祉社会を実現するために細やかな福祉行政を実現することを目的としています。
そのために基本理念として「社会的活動への参加」が盛り込まれています。

2014/08/31 16:22
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。