過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

市町村介護保険事業計画に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
市町村地域福祉計画と一体のものとして策定する。
 2 . 
市町村介護保険事業計画には、各年度における介護保険サービスの種類ごとの見込量を定めることとされている。
 3 . 
都道府県知事は、市町村介護保険事業計画のための参酌標準を定める。
 4 . 
市町村介護保険事業計画を策定する場合、被保険者の意見を反映させる措置を講じなくてもよい。
 5 . 
市町村介護保険事業計画は、5年に一度見直す。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1.× 市町村介護保険事業計画は、市町村老人福祉計画と一体として策定している。

2.〇 市町村介護保険事業計画には、各年度における介護給付サービスの種類ごとの見込み量を定めること

3.× 市町村介護保険事業計画のための参酌標準を定めているのは、厚生労働大臣である。

4.× 市町村介護保険事業計画を策定する場合は、被保険者の意見を反映させる措置を取らなければならない。

5.× 3年を1期として見直されるため間違いである。

2014/08/08 23:14
ID : jjuehzgo
6

正解は 2 です。

市町村介護保険事業計画は、高齢者の人口や施設の数、定員数、空きなど様々な要因を考慮した上で、各年度における介護保険サービスの種類ごとの見込量を定めることとされています。

2014/11/18 14:12
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。