過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

利用者の居宅で訪問介護サービスを提供している際、利用者の仙骨部に褥瘡を発見した。 訪問介護員の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
不十分な介護の原因と思い、「高齢者虐待防止法」により罰せられる旨、家族に説明した。
 2 . 
褥瘡の治療のために、近くの訪問看護ステーションに訪問を依頼した。
 3 . 
褥瘡の治療の為に入院が必要な旨、家族に説明した。
 4 . 
介護をしている家族に、介護の様子や家族の心身の状況を聞いた。
 5 . 
居宅サービス計画の変更のために、サービス担当会議を招集した。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
7

1.× 褥瘡は皮膚の湿潤や圧迫、栄養状態の低下、同一体位により発生するが、褥瘡が発生したからといい、高齢者虐待や介護不十分であると判断してはならない。

2.× 訪問介護員が独断で判断してはならない。主治医へ報告するのが正しい。

3.× 治療や入院が必要な旨は医師でなければ説明してはならない。

4.〇 家族の心身の状況を確認することが重要である。

5.× 居宅サービス計画変更のためのサービス担当会議を招集するのは、介護支援専門員の業務であるため誤り

2014/08/08 23:26
ID : jjuehzgo
4

正解は 4 です。

褥瘡の発生原因は、体位交換の不十分・不潔・不適切な衣服の着用・体調不良など様々です。
もし介護方法に原因があるのならば、褥瘡を作りにくい方法を家族に指導する必要がありますし、ストレスなどからつい体位交換をさぼってしまいがちというのなら、エアマットのような褥瘡を予防出来る福祉用具の導入の提案も出来る為、介護の様子や家族の心身の状況を確認する必要があります。

2014/11/18 14:32
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。