過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 障害者福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次のうち、発達障害者支援法が定める発達障害に該当しないものを一つ選びなさい。

 1 . 
身体的発達の遅れ
 2 . 
アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害
 3 . 
学習障害
 4 . 
自閉症
 5 . 
注意欠陥多動性障害
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1.〇 身体的発達の遅れは発達障害者支援法には該当しない。

2.× アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害は、発達障害者支援法が定める発達障害に該当する。

3.× 学習障害は、発達障害者法に定める発達障害に該当する。

4.× 自閉症は、発達障害者支援法が定めている発達障害に該当される。

5.× 注意欠陥多動性障害は、発達障害者支援法が定める発達障害に該当する。


補足:発達障害者支援法は、自閉症やアスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥、多動性障害などの発達障害をもつものの援助等について定めた法律である。

2014/08/10 17:57
ID : jjuehzgo
13

正解は 1 です。

発達障害者支援法は「脳機能の障害」に対する支援を行う為の法律です。
発達障害者の心理機能の適正な発達や、円滑な社会生活の促進を目的としています。

2014/11/21 15:10
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。