介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10620問 出題

問題

障害者の手帳に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
療育手帳は、身体障害者福祉法によって規定されている。
 2 . 
身体障害者手帳は、18歳未満のものに交付されない。
 3 . 
聴覚障害の身体障害者手帳は障害等級が1級から5級の5段階に分かれている。
 4 . 
精神障害者保健福祉手帳は、知的障害者を対象に含んでいる。
 5 . 
精神障害者保健福祉手帳は、障害等級が1級から3級の3段階に分かれている。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
34
評価しない
1.× 療育手帳は知的障害者に都道府県知事が発行する障害者手帳である。この手帳は身体障害者福祉法にも知的障害者福祉法に規定されていない。療育手帳に関しては構成労働省の通知「療育手帳制度について」」に基づき各都道府県知事が知的障害と判定したものに発行しているもののこと。

2.× 身体障害者手帳は、15歳以上の本人に交付される。15歳未満の場合は、保護者に交付される。

3.× 聴覚障害の身体障害者手帳は、障害等級が2級、3級、4級、6級に分かれる。全部で4段階である。

4.× 精神障害者保険福祉手帳は、知的障害者を対象外としている。

5、〇 精神障害者保険福祉手帳は、障害等級が1級から3級に分けられている

評価後のアイコン
2014/08/10 18:29
ID : jjuehzgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は 5 です。

障がい者手帳には『身体障害者手帳』『療育手帳』『精神障害者保健福祉手帳』の3種類があります。
身体障害者手帳は身体障害者、療育手帳は知的障害者、精神障害者保健福祉手帳はそれらに当てはまらない精神疾患を患っている人などに発行されます。
評価後のアイコン
2014/11/21 16:55
ID : qxeqvpry
評価する
0
評価しない
解答 5
精神障害者保健福祉手帳の等級は1級から3級まであります。

1 療育手帳は知的障害者福祉法に基づいています。(身体障害者手帳は身体障害者福祉法に基づき、精神障害者保健福祉手帳は精神保健福祉法に基づいています)
2 年齢制限はありません。
3 聴覚障害の身体障害者手帳の障害等級は2級~6級の5段階に分かれています。
4 知的障害があり精神疾患のない方は療育手帳の対象となります。
評価後のアイコン
2017/02/18 11:43
ID : garuxmwjpo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。