過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 障害者福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

障害者基本法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
障害者基本法は「障害者の日」を定めている。
 2 . 
市町村障害者計画の策定は、努力義務である。
 3 . 
中央障害者施策推進協議会の委員は、厚生労働大臣が任命する。
 4 . 
障害者基本法は、障害を理由とした差別禁止の理念を明示している。
 5 . 
政府は、3年ごとに障害者施策の概況の報告書を国会に提出する義務がある。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

1、× 2003年に公布された障害者基本法においては12月9日を障害者の日とすることが法律上定められていた。2004年の同法の改正により、障害者週間法定化に伴い条文から「障害者の日」の名称が削除された。そのため、現在の障害者基本法ではその規定は存在しないため、間違いである。

2、× 平成16年6月の「障害者基本法」の改正によって、これまで努力義務であった市町村における障害者計画の策定が、平成19年4月から義務化された

3、× 中央障碍者施策推進協議会の委員は内閣総理大臣が任命する。

4、〇 障害者基本法は、障害を理由とした差別禁止の理念を明示している。
補足:障害者基本法の第3条の3に「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてならない」と規定されている。

5、× 政府は毎年、障害者施策の概況を報告書にまとめ提出する義務がある

2014/08/10 18:50
ID : jjuehzgo
2

正解は 4 です。

障害者基本法は、障害の有無による差別をなくすことを目的とした法律です。
障害者が健常者と同じような生活が送れるよう、金銭面での援助や、公共施設のバリアフリー化、雇用の促進などの支援を行い、みんなで支えていきましょうという内容が盛り込まれています。

2014/11/25 22:57
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。