過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

個別援助技術の基本概念に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
バートレット(Bartlett.H)は「価値」、「知識」、「介入(Intervention)」を社会福祉実践に共通する構成要素とした。
 2 . 
リッチモンド(Richmond.M.)はPerson(人)、Problem(問題)、Place(場所)、Process(過程)の4つをケースワークの構成要素とした。
 3 . 
バワーズ(Bowers.S)は、ケースワークを心理社会療法として体系化した。
 4 . 
ホリス(Hollis.F.,)は診断主義個別援助技術の理論化をすすめ、「ケースワークの理論と実際」(1940年)を著した。
 5 . 
パールマン(Perlman.H.)はケースワークの中心概念を「個別化」、「意識的調査」、「人格の発達」とした。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は 1 です。

個別援助技術は、ケースワークとも呼ばれています。
援助を行う場合、基本的な部分は大体同じでも、やはり1人1人ニーズや抱えている問題が違う以上、方法は少しずつ変わってきます。
そんな中でも特に困難な問題を抱えている人に、個別に社会福祉援助技術を用いて援助をする事を、個別援助技術(ケースワーク)と言います。

基本概念を打ち立てていった人やその内容は覚えるしかありませんが、特にフェリックス・P・バイステックの「バイステックの7原則(もしくは8原則)」や、ヘレン・ハリス・パールマンの「4つのP(もしくは6つのP)」については、比較的出題頻度が高い為、しっかり押さえておきましょう。

2014/11/30 22:00
ID : qxeqvpry
8

1、〇 バートレットは、「価値」、「知識」、「介入」を社会福祉実践に共通する構成要素とした。

2、× 人、問題、場所、過程の4つをケースワークの構成要素としたのは、パールマンである。

3、× ケースワークを心理社会療法として体系化した人はホリスである。

4、× 診断主義個別援助技術の理論家を進め、「ケースワークの理論と実際」を著したのはハミルトンである。(1940年)

5、× ケースワークの中心概念を「個別化」「意識的調整」「人格の発達」としたのは、リッチモンドである。




2014/08/13 00:00
ID : jjuehzgo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。