過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

社会福祉援助技術の関連援助技術に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
ネットワークは、保険・医療を除く社会福祉分野のサービスを組織化することをいう。
 2 . 
ケアマネジメントは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことをいう。
 3 . 
スーパービジョンは、他領域の専門家から助言や示唆を受けることをいう。
 4 . 
カウンセリングは、非言語的コミュニケーションを必要としない。
 5 . 
コンサルテーションは、業務について上司から指導、援助を受けることをいう。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
11

1、× ネットワークは、保健、医療、社会福祉、その他のさまざまな分野のサービスを組織化することである。

2、〇 ケアマネジメントとは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことである。

3、× スーパービジョンとは、業務について上司からの指導や援助を受けることをいう。

4、× カウンセリングでは、表情やしぐさなどの非言語的コミュニケーションが重要である。
補足:非言語的コミュニケーションには、表情、視線、しぐさ、姿勢、声の高低、声の大きさ、話すスピードや滑らかさ、におい、色彩などである。五感に訴える要素を指す。

5、× コンサルテーションとは、他の領域の専門職から助言や示唆をうけることをいう。

2014/08/14 23:37
ID : jjuehzgo
付箋メモを残すことが出来ます。
6

正解は 2 です。

介護における社会資源とは、介護サービスや地域の協力、市町村の取り組みなど、生活をしていく手助けになるものを指します。
介護支援専門員(ケアマネージャー)が、利用者のニーズを把握したうえで、一人一人に合うと思われるサービスの情報を提供し、本人や家族の意向の下その利用計画を立てる事をケアマネジメントと言います。

2014/12/08 17:26
ID : qxeqvpry
0

解答 2

<ケアマネジメントとは>
利用者や家族の課題を分析し、ニーズに合わせて保険、医療、福祉サービスが総合的・一体的・効率的に提供されるように利用者とサービスを結びつけるための手法のことです。

1 ネットワークとは、保険医療関係機関を含め社会分野のサービスを組織化することであるため不適切です。
3 スーパービジョンとは、上司や先輩が指導や援助を行うことであるため不適切です。
4 カウンセリングは言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションともに重要であるため不適切です。
5 コンサルテーションとは他領域の専門家から助言や示唆を受けることです。

2017/02/17 16:01
ID : garuxmwjpo
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。