過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術 問30

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
集団援助技術の視点に立ったグループ活動の支援過程に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
サブグループの存在は認めるべきではない。
   2 .
グループワークでは、メンバーを個別化して支援する。
   3 .
メンバー間で傷つけ合うような状況が見られても、メンバーの行動に制限を加えない。
   4 .
参加動機が明確でない利用者は、グループのメンバーになることができない。
   5 .
グループの活動内容は、援助者が決定すればよい。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術 問30 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

21
1、× サブグループの存在を認めて、理解し、支援する必要がある。

2、〇 グループワークでは、メンバーの個別化し支援することが必要

3、× グループ活動でメンバー間で傷つけるような行動、行為がみられた場合は行動に制限を加える必要がある。

4、× 参加動機が明確でない利用者であってもグループメンバーになり経験してもらったほうが良い。

5、× グループ活動の内容はメンバー同士で決定し、援助者はその決定のための支援を行う。

付箋メモを残すことが出来ます。
15
正解は 2 です。

社会福祉の現場においてのグループワークでは、同じレベルの人ばかりが集まるとは限りません。
その中で出来る人が出来ない人を手伝ったり、援助者の支援を受けて皆と同じ事をする事で、自分もグループの一員だという存在意義を覚えたり、達成感を味わってもらう事が大切です。

活動内容は、基本的にグループで決めてもらうべきですが、どうしても決まらない場合は、援助者が活動内容をいくつか提案し、最終決定をグループに委ねるという方法を取る事もあります。

活動の中で諍いが生じた場合は、極力グループ内で解決出来るよう見守りますが、傷つけあうような状況が見られた場合は、援助者が仲裁に入る事も必要です。
12
解答 2
メンバーを個別化して支援することはグループワークでの基本的態度にも基づいています。

<グループワークの基本的態度>
・個別化:利用者やグループの個別化する
・受容:援助者は自分が個々の利用者を受け入れ共感していることを表す
・葛藤解決:葛藤や苛立ち、不安を解消するためにメンバー同士で助け合い、グループ全体でその人の気持ちを和らげるように促す
・参加:援助者は利用者に参加できるように働きかけをする
・経験:メンバー間の交流が生まれるように促す
・制限:利用者が自分や他人の生命を脅かす行動にでたり、人間関係を壊す行動をしないように制限を設ける
・継続評価:メンバーの変化やグループ活動の過程を継続して評価し、援助の目安にする。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。