過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術 問31

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
社会福祉援助技術の関連援助技術に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
ネットワークは、保険・医療を除く社会福祉分野のサービスを組織化することをいう。
   2 .
ケアマネジメントは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことをいう。
   3 .
スーパービジョンは、他領域の専門家から助言や示唆を受けることをいう。
   4 .
カウンセリングは、非言語的コミュニケーションを必要としない。
   5 .
コンサルテーションは、業務について上司から指導、援助を受けることをいう。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉援助技術 問31 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

35
1、× ネットワークは、保健、医療、社会福祉、その他のさまざまな分野のサービスを組織化することである。

2、〇 ケアマネジメントとは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことである。

3、× スーパービジョンとは、業務について上司からの指導や援助を受けることをいう。

4、× カウンセリングでは、表情やしぐさなどの非言語的コミュニケーションが重要である。
補足:非言語的コミュニケーションには、表情、視線、しぐさ、姿勢、声の高低、声の大きさ、話すスピードや滑らかさ、におい、色彩などである。五感に訴える要素を指す。

5、× コンサルテーションとは、他の領域の専門職から助言や示唆をうけることをいう。

付箋メモを残すことが出来ます。
12
正解は 2 です。

介護における社会資源とは、介護サービスや地域の協力、市町村の取り組みなど、生活をしていく手助けになるものを指します。
介護支援専門員(ケアマネージャー)が、利用者のニーズを把握したうえで、一人一人に合うと思われるサービスの情報を提供し、本人や家族の意向の下その利用計画を立てる事をケアマネジメントと言います。
4
解答 2

<ケアマネジメントとは>
利用者や家族の課題を分析し、ニーズに合わせて保険、医療、福祉サービスが総合的・一体的・効率的に提供されるように利用者とサービスを結びつけるための手法のことです。

1 ネットワークとは、保険医療関係機関を含め社会分野のサービスを組織化することであるため不適切です。
3 スーパービジョンとは、上司や先輩が指導や援助を行うことであるため不適切です。
4 カウンセリングは言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションともに重要であるため不適切です。
5 コンサルテーションとは他領域の専門家から助言や示唆を受けることです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。