過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人・障害者の心理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

発達理論に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
エリクソン(Erikson.E.)は、「発達段階説」を唱えた。
 2 . 
ワトソン(Watoson.J.)は、「成熟優位説」を唱えた。
 3 . 
シュテルン(Stern.W.)は、「学習優位説」を唱えた。
 4 . 
ピアジェ(Piaget.J.)は、「輻輳説」を唱えた。
 5 . 
ゲセル(Gesell.A)は、「相互作用説」を唱えた。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

1、〇 エリクソンは、「発達段階説」と唱えた。

2、× 「成熟優位説」を唱えたのは、ゲセルである。

3、× 「学習優位説」を唱えたのはワトソンである。

4、× 「輻輳説」を唱えたのはシュテルンである。

5、× 「相互作用説」を唱えたのはジュンセンである。

2014/08/15 00:55
ID : jjuehzgo
5

正解は 1 です。

発達理論は説の名称、唱えた人はセットで覚えるようにします。
説の内容が覚えられないという人は、せめて何度か説明を読み、説の名称から大体どのような事を言っているのかを試験時などに思い出せるようにしておきましょう。

2014/12/16 13:56
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。