過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10643問」を出題

問題

[ 設定等 ]




高齢期のうつとその対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
身体症状とうつ病は関連性が少ない。
 2 . 
自殺につながる危険性は少ない。
 3 . 
意欲を高めるように周囲が励ます。
 4 . 
症状の回復後、仕事や家事への早期復帰を促す。
 5 . 
疲れたら休息を促し様子を見る。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人・障害者の心理 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解は 5 です。

高齢期か否かに関わらず、うつの人に対しての接し方はほとんど同じですが、うつの原因となる悩みは高齢期特有のものもあります。

例えば足腰が弱らないように日課にしている散歩を必要以上に課してしまい、それを苦痛に感じてうつになる人もいますし、ボケないようにと家族に強要されて老人会に入ったものの合わない人がいて、心を病んでしまったりという事もあります。

大切なのは何事にもゆったりとした気持ちで取り組み、時には休んで心身ともに静養出来るような心構えと環境を作っていく事です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1、× 高齢者のうつ時の身体的特徴としてあげられるのは不眠、倦怠感、食欲不振、めまいなどがある。そのため、身体症状との関連性が高いといえる。

2、× うつと自殺の関連性は密接である。うつは自殺に結びつきやすいので注意が必要。とくに高齢者のうつは自殺につながる危険性が高い。

3、× うつに対しては、安易な励ましは逆効果であるため適切ではない。その人なりに頑張っているため励ましは禁物である。

4、× うつの高齢者には症状が回復しても、早急にいろいろなことを勧めてはならない。

5、〇 うつの人には休息を十分にとってもらうことが大切である。疲れたら休息を促し、休んでもらうことが大切
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は【5】

老年期うつ病は、環境の変化、精神的要因、身体疾患が原因で発症します。自殺につながる危険があるため、注意が必要です。

対応としては、励ましの言葉は控え受容的な態度をとることや、全身の観察と身体ケアを行います。動けなかったり、疲れやすかったりしますが、無理に動くように促したり先を促さず、休息をとって様子をみます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。