過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 老人・障害者の心理    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

事故等で手足を失った人の心理に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
幻肢を感じる人の割合は、手足を失った人の50%以下である。
 2 . 
幻肢は痛みを伴わない。
 3 . 
手足を失った事実の否認は、治療の受け入れを困難にする。
 4 . 
幻肢は手や足が失われた直後に現れ、数週間で消失する。
 5 . 
ないはずの手足の存在を訴えるのは、同情を引くためである。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
12

正解は 3 です。

手足を失った人が、すんなりと事実を受け入れる事はかなり難しいと言えます。
誰しも「夢であってほしい」「朝起きたら手足はあるんじゃないか」等と一度は事実を否認します。
しかし日が経つにつれ、自分の中で事実を受け入れ、その状態でこれからどのように生活していくべきかに目を向けていく事で治療やリハビリを進めていくことが出来るのです。

ただし中にはいつまでもその事実を受け入れられない人もいます。
特に幻肢を感じている人はその傾向が強いと言えます。

幻肢(幻影肢)とは、事故や病気が原因で手足を失ったり、生まれつき手足を持たない人が、存在しない手足がそこにあるように感じる事を言います。
これは気分的な問題ではなく、本当に脳が手足の存在を感じている為、実際に動かしているような感覚を味わったり、痛みを感じたりする事もあります。

自分は手足の存在を感じているのに、周りは自分に手足はないと言う、狐につままれたような状態で、幻肢を幻肢だと認められず治療やリハビリの受け入れを困難にしている場合も少なくありません。

2014/12/16 14:51
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
6

1、× 幻肢とは、切断後にもまだあるかのように感じること。幻肢を感じるのは約50%と言われている。

2、× 幻肢に痛みを伴う幻肢痛とう症状がみられる。何か月、何年後に起こってくると言われている。そのため幻肢は痛みを伴う。

3、〇 手足を失った事実の否認は治療の受け入れを困難とすることがある。

4、× 幻肢の発生には人によってさまざまである。

5、× ないはずの手足の存在を訴えている。これは幻肢の症状である。

2014/08/16 23:48
ID : jjuehzgo
0

正解は【3】
手足を失った事実の否認、つまり受容できていないということなので治療への受け入れも困難になります。障害受容の過程において、否認期や混乱期には抑鬱症状を示したり、自殺企図もあるため注意が必要です。

2017/02/27 23:03
ID : urgpzyys
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。