介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10648問 出題

問題

箱庭療法に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
知能検査として使われることが多い。
 2 . 
作業の途中で助言しながら進めていく。
 3 . 
対象は子供である。
 4 . 
箱庭を作ることで退行が起きる。
 5 . 
箱庭を作ることがストレスや不安につながる。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
25
評価しない
正解は 4 です。

箱庭作りは、簡単に言うと「砂遊び」や「人形遊び」のようなものです。
『童心に帰って遊びながら(=退行)』限られたスペースで世界観を表現する事で、自分でも意識していなかった問題を表面化させるという目的があります。
評価後のアイコン
2014/12/16 16:01
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
1、× 箱庭療法は、心理療法である。

2、× 基本的には作業中は自由に見守られながら表現することが重要

3、× 対象は、子供だけではなく大人も含まれる。

4、〇  退行とは人が、現状の発達段階より戻ることをいう。このことにより抱えている問題を明確にできると考えられている。

5、× 箱庭を作ることによって、ストレスや不安を解消することができる。
評価後のアイコン
2014/08/17 00:31
ID : jjuehzgo
評価する
2
評価しない
正解は【4】

箱庭療法は、心理療法のひとつで、砂の入った箱と玩具を用意して対象者に自由に遊ばせます(遊ばせるという意味で退行)。作品を作る過程や完成した作品から、深層心理を読み取り、治療に役立てようとする方法です。
評価後のアイコン
2017/02/27 23:07
ID : urgpzyys
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。