過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 家政学概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

牛乳に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
牛乳のカルシウムと小魚のカルシウムの吸収率は、ほぼ等しい。
 2 . 
牛乳は殺菌後20℃以下で保存する事が定められている。
 3 . 
牛乳を用いた加工食品は、牛乳が含まれていることの表示が義務づけられている。
 4 . 
加熱した牛乳表面に生じる皮膜は、乳糖の変性によるものである。
 5 . 
ロングライフ(LL)牛乳は、開封後も室温で保存できる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

1、× 牛乳のカルシウムと小魚のカルシウムの吸収率では牛乳の吸収率のほうが高い。

2、× 牛乳は殺菌後は10°C以下で保存をする。

3、〇 牛乳を用いた加工食品は、牛乳が含まれていることを表示することが義務となっている。

4、× 加熱した牛乳の表面に生じる被膜はタンパク質の変性によってできるものである。

5、× ロングライフ牛乳は、開封後には冷所保存しなければならない。

2014/08/17 16:47
ID : jjuehzgo
7

正解は 3 です。

牛乳は三大アレルゲンとも言われるほど、アレルギー反応を起こす人が多く、重症化しやすい食品の一つです。
スプーン1さじでも呼吸障害を起こし、最悪の場合死に至る場合もある為、牛乳を用いた加工食品は、牛乳が含まれていることの表示が義務付けられています。

2014/12/16 16:26
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。