過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10654問」を出題

問題

[ 設定等 ]




洗濯とアイロンがけに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
綿の洗濯は、中性洗剤が適している。
 2 . 
レーヨンの洗濯は、酸素洗剤が適している。
 3 . 
ポリエステルの洗濯は、短時間での脱水が適している。
 4 . 
麻のアイロンがけは、低温が適している。
 5 . 
絹のアイロンがけは、高温が適している。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 家政学概論 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は 3 です。

1:綿の洗濯には、弱アルカリ性洗剤が適しています。中性洗剤でも良いのですが、綿は生地として比較的強い為、洗浄力の高い弱アルカリ性洗剤の方が汚れが良く落ちます。

2:レーヨンは水につけると縮む性質を持っているので、極力自宅での洗濯は避けてクリーニングに出すべきです。どうしても自宅で洗濯したい場合は、汚れた部分だけを弱アルカリ性の洗剤で素早く洗って干すようにします。

4:麻のアイロンがけは高温が適しています。元々伸縮性の少ない生地ですので、霧吹きなどで濡らしながら高温でアイロンがけします。

5:絹のアイロンがけは中温が適しています。とてもデリケートな素材なので、当て布をして裏側からかけるようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は【3】
ポリエステルは乾きやすく、シワがつきにくい素材ですが、一度シワがつくと逆にとれなくなってしまうため、脱水する際は時間を短めに設定します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。