過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 家政学概論 問53

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の食品の内、嚥下障害のある高齢者にとって最も注意が必要なものを一つ選びなさい。
   1 .
豆腐のあんかけ
   2 .
煮こごり
   3 .
バナナペースト
   4 .
カステラ
   5 .
アイスクリーム
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 家政学概論 問53 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

20
正解は 4 です。

カステラは水分量が少なく、健康な人でさえ口の中の唾液だけでは十分に柔らかく出来ない事がある為、嚥下障害のある人には不向きな食品と言えます。
本人の大好物で、QOL向上の為に何とか食べさせたいような場合には、小さくちぎって少しずつ食べる、牛乳に浸しながら食べるなどの対応を取る事で摂取が可能になる事もあります。
付箋メモを残すことが出来ます。
11
1、× 豆腐のあんかけは柔らかく、とろみもあるため、嚥下障害のある高齢者には適している。

2、× 煮こごりのようにゼリー状のものは、嚥下障害のある高齢者に適している。

3、× バナナペーストのようにペースト状のもは嚥下しやすいため適している。

4、〇 パンやカステラは、唾液と混ざることにより粘性が高くなる。食魂となりやすいため、嚥下障害のある方には適さない。窒息の危険が高い。

5、× アイスクリームは口腔内で溶けるので嚥下障害があっても適している。


8
正解は【4】

誤嚥しやすい食品には、「水・お茶・味噌汁などの水分」、「パンなどのぱさぱさしたもの」、「こんにゃくなどの噛みにくいもの」、「餅やのりなどの口の中に付着するもの」などがあります。この問題の中では、ぱさぱさしたものの一つであるカステラが最も誤嚥しやすいと言えます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。