過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10662問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




甲状腺機能低下症の特徴的な症状に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
寝汗をかく。
 2 . 
活気がなくなる。
 3 . 
動悸がする。
 4 . 
夜、眠れなくなる。
 5 . 
体重が減る。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 医学一般 )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
30
評価しない
正解は”2”です。

1×:甲状腺機能亢進の症状です。暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

2○:甲状腺機能低下の症状です。甲状腺ホルモンが低下すると、活動性が鈍くなり、昼夜を問わず眠く、全身の倦怠感が強く、記憶力や計算力の低下がみられます。体温が低くなり、夏でも汗をかかなくなります。体重は増え、便秘になることもよくあります。

3×:甲状腺亢進の症状です。精神的に興奮して活発になり、動機を1日中感じるようになります。

4×:甲状腺亢進の症状です。睡眠困難(不眠症)となります。

5×:甲状腺亢進の症状です。食欲が増進しても、体重が減ります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は2です。
それ以外の選択肢は甲状腺機能亢進症の症状です。

甲状腺ホルモンは、体内のエネルギー産生を促し、新陳代謝を活発にするなどさまざまな働きを持っています。
選択肢の中で活気が出る・代謝が亢進するのは甲状腺ホルモンの過剰、活気がなくなる・代謝が低下するのが低下の症状です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は 2 です。

甲状腺機能低下症の特徴的な症状としては、むくみ・皮膚の乾燥・新陳代謝低下・体重増加・浮腫み・便秘・頻脈・無気力などがあげられます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は【2】

甲状腺機能低下症の特徴的な症状には、疲れやすい、集中力の低下、活気がなくなる、寒気、便秘、発汗低下、皮膚の乾燥、浮腫などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。