過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 医学一般  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「我が国の人口とその将来推計」に関する記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
全人口は、今後40年減少し続ける。
 2 . 
14歳以下の年少人口は、今後20年以内に増加に転じる。
 3 . 
15~64歳の生産年齢人口は、今後減少しない。
 4 . 
65歳以上の老年人口は、今後10年間は全人口の15%未満である。
 5 . 
65歳以上の老年人口が全人口に占める割合は、2025(平成37)年にピークを抑える。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

正解は1です。
現在日本の抱える問題は、高齢化の急激な進行と出生率の低下です。
それに伴い総人口および生産年齢人口の減少が生じます。

2014/09/28 16:38
ID : bqzuosqqxo
4

正解は 1 です。

1.○

2.× 出生数は減少し続けていきます。

3.× 出生数の減少の影響により、生産年齢人口も減少していくとされてきます。

4.× 総人口は減少しますが、高齢者の人口は増え、2035年には高齢化率は33.4%になり、3人に1人は高齢者になると言われています。

5.× 2060年に高齢化率が39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上になると言われています。

2016/03/25 11:59
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。