過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 医学一般  過去問題 | 無料の試験問題

問題

難病対策に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
イタイイタイ病に対する研究体制の整備が契機となって「難病対策要網」が定められた。
 2 . 
がんは「難病対策要網」によって実施される対策の対象である。
 3 . 
特定疾患治療研究対象疾患については医療費の全額が公費で負担される。
 4 . 
地域保健法において、保健所の事業として難病対策が位置づけられている。
 5 . 
難病相談・支援センターが各市町村に整備されている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
12

正解は4です。
1→難病対策要綱は、スモンの研究体制の整備が契機となって制定されました。
2→「がん」は残念ながら難病対策の対象ではありません。
3→公費で助成されるのは医療費の一部のみです。
5→難病支援・相談センターが設置されているのは都道府県です。

2014/09/28 16:44
ID : bqzuosqqxo
2

正解は 4 です。

1.× 「難病対策要網」はスモンという病気が契機となり、昭和47年に策定されました。

2.× 疾病の範囲は原因不明で治療法が未確立で後遺症が残る可能性があり、患者・介護者が身体・精神・経済的に負担が大きいものとされています。癌は現在では治療ができるもののため、除外されています。

3.× 従来は全額公費でしたが対象患者の増加や財政悪化などのため、現在は患者の所得に応じて月額限度額が設置され一部公費負担となっています。

4.○

5.× 各都道府県ごとに設置されています。

2016/03/25 12:06
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。