過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 医学一般 問67を出題

問題

[ 設定等 ]
「我が国の人口とその将来推計」に関する記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
全人口は、今後40年減少し続ける。
   2 .
14歳以下の年少人口は、今後20年以内に増加に転じる。
   3 .
15~64歳の生産年齢人口は、今後減少しない。
   4 .
65歳以上の老年人口は、今後10年間は全人口の15%未満である。
   5 .
65歳以上の老年人口が全人口に占める割合は、2025(平成37)年にピークを抑える。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 医学一般 問67 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
正解は1です。
現在日本の抱える問題は、高齢化の急激な進行と出生率の低下です。
それに伴い総人口および生産年齢人口の減少が生じます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
22
評価しない
正解は 1 です。

1.○

2.× 出生数は減少し続けていきます。

3.× 出生数の減少の影響により、生産年齢人口も減少していくとされてきます。

4.× 総人口は減少しますが、高齢者の人口は増え、2035年には高齢化率は33.4%になり、3人に1人は高齢者になると言われています。

5.× 2060年に高齢化率が39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上になると言われています。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は【1】
今後の高齢化と少子化により全人口は減少していきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。