過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 精神保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

アルツハイマー型認知症に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

 1 . 
意識障害がある。
 2 . 
知能障害がある。
 3 . 
見当識障害がある。
 4 . 
後天的障害である。
 5 . 
認知症の原因として最多である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

正解は1です。
アルツハイマー型認知症は脳内にβアミロイドという異常な蛋白が蓄積して起こる疾患です。
この病気では意識障害は起こりません。

2014/09/28 17:50
ID : bqzuosqqxo
2

正解は 1 です。

アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いタイプで、男性より女性に多いと言われています。
症状として、記憶障害・見当識障害・学習障害・注意障害・被害妄想・幻覚が出現します。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などのBPSDもみられることもあります。意識障害は認知症の症状としては含まれません。

2016/03/25 12:27
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。