過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 精神保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

精神保健福祉制度に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
精神障害者の入院医療では、医療保護入院の形態が最も多い。
 2 . 
精神障害者の通院医療では、患者の自己負担は発生しない。
 3 . 
精神保健福祉センターは、精神保健福祉に関する複雑又は困難な相談を扱う。
 4 . 
保健所における精神保健福祉相談では、来所相談が最も多い。
 5 . 
精神障害は障害者自立支援法の対象となっていない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

この時点での解答は3です。
1→精神障害者の入院医療で最も多いのは、任意入院です。
2→精神障害者の通院医療では、通常1割の自己負担が発生します。
4→保健所における精神保健福祉相談で最も多いのは電話相談です。
5→精神障害は障害者自立支援法の対象外でした。
平成25年4月1日に法律が改正となり、「障害者総合支援法」と名称が変更になりました。障害者総合支援法では精神障害も対象となっています。

2014/09/28 18:02
ID : bqzuosqqxo
3

正解は 3 です。

1.× 任意医療が最も多いです。
2.× 通常1割の自己負担をします。
3.○ 
4.× 最も多いのは電話相談です。
5.× 精神障害も対象となっています。

2016/03/25 12:28
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。