過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 精神保健 問71を出題

問題

[ 設定等 ]
アルツハイマー型認知症に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
意識障害がある。
   2 .
知能障害がある。
   3 .
見当識障害がある。
   4 .
後天的障害である。
   5 .
認知症の原因として最多である。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 精神保健 問71 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
正解は1です。
アルツハイマー型認知症は脳内にβアミロイドという異常な蛋白が蓄積して起こる疾患です。
この病気では意識障害は起こりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は 1 です。

アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いタイプで、男性より女性に多いと言われています。
症状として、記憶障害・見当識障害・学習障害・注意障害・被害妄想・幻覚が出現します。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などのBPSDもみられることもあります。意識障害は認知症の症状としては含まれません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は【1】

アルツハイマー型認知症の症状として、記憶障害・判断力の低下・見当識障害・その他の行動、心理的症状(物盗られ、徘徊、介護拒否など)があります。意識障害は、アルツハイマー型認知症の症状としては見られません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。