過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10673問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護福祉士の職業倫理に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 .  就寝時、利用者に添い寝をし、朝まで一緒に眠った。
2 .  研修会・学会における資料の利用者氏名は、匿名とした。
3 .  利用者の旧友から電話で問い合わせが合ったので、利用者の状態を話した。
4 .  勤務中に、携帯電話に私用メールがきたので返信した。
5 .  利用者の家族より、感謝の気持ちとして贈り物をいただいた。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護概論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は2です。
1→朝まで添い寝をするのは職務の範囲を超えていると思われます。
2,3→利用者の個人情報の保護に最大限配慮するのは当然のことです。電話では本人確認ができないため、たとえ家族や親戚を名乗っていても利用者についての情報を漏らすのは厳禁です。
4,5→公私のけじめをつけるのは、介護福祉士に限らず社会人として当然のことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は 2 です。

1.× 利用者の精神状態によって添い寝をし安心してもらうことはありますが、一時的な対応であり朝までずっと一緒に眠ることはありません。

2.○

3.× 利用者本人の旧友であっても状態を話すことはありません。家族であっても、電話口では本人確認がしっかりとれないため状態を話すことは控えます。

4.× 社会人として、勤務中に返信することはしません。常識です。

5.× いかなる場合でも利用者・家族から物を頂くことはしません。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は【2】

利用者の個人情報、プライバシーは他方に漏らすような事があってはなりませんので、本人が特定できないように匿名にしなければいけません。十分な匿名化ができないと思われる時には、本人や家族の同意が必要になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。