過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

聴覚障害者のコミュニケーション手段に関する記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
筆談は、短時間で微妙なニュアンスを伝えることができる。
 2 . 
初めて補聴器を装着したときから健聴者のように聞こえる。
 3 . 
高齢になってからの中途失聴者には、手話や指文字が適している。
 4 . 
残存聴力のある場合には、人工内耳が効果的である。
 5 . 
フアックスやメールは、通信手段として有効である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
8

正解は5です。
聴覚障害者にとって、ファックスやメールなど音に頼らない通信手段は大変重要です。

2014/09/29 20:52
ID : bqzuosqqxo
0

正解は5です。

1(×)筆談では微妙なニュアンスが伝わりにくいとされています。
2(×)補聴器を装着したからといって、健常者と同じように聞こえるようにはなりません。
3(×)中途失聴者には、ジェスチャーや筆談を使うことのほうが適します。
4(×)人工内耳は、内耳に機能の障害があり、補聴器の効果がないときに適応されます。

2016/08/17 20:49
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。