過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 形態別介護技術 問106を出題

問題

[ 設定等 ]
耳の構造とその機能に関する次の組み合わせのうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
外耳―――――平衡感覚にかかわる
   2 .
鼓膜―――――音を集める
   3 .
中耳―――――気圧の調節をする
   4 .
鼓室―――――音を電気信号に変える
   5 .
内耳―――――音を振動させる
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術 問106 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
正解は3です。
1⇒外耳の耳介は、音を集める役割があります。
2⇒鼓膜は、音を振動させる役割があります。
4⇒鼓室は、中耳のうち耳管を除いた部分の呼称です。
5⇒内耳は、前庭部が平衡感覚を司り、蝸牛部が音を電気信号に変える働きを持っています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
正解は3です。
中耳は空洞になっており、鼓膜の内側と外側の空気圧を保つ機能や、空気を入れ替える機能、細菌などを排除する機能を持ちます。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は「3」です。

不正解とその解説
「1」・・・外耳は、音を聞いて鼓膜に伝える役割があります。

「2」・・・鼓膜は、音を捉える役割があります。

「4」・・・鼓室は、鼓膜の奥にある空間の事をさします。

「5」・・・内耳は、平衡感覚にかかわる役割があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。