過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次のうち、腰髄損傷のある人の褥瘡の発生部位として、誤っているものを一つ選びなさい。

 1 . 
肩甲骨部
 2 . 
外果部
 3 . 
仙骨部
 4 . 
踵骨部
 5 . 
坐骨結節部
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は1です。
腰髄損傷とだけ記載があり、実際にはどの椎間での損傷なのか不明です。
いずれにせよ、2~5は下位腰髄の損傷でも麻痺を生じ動かなくなる部位ですので、褥瘡の好発部位となります。
1は、頸髄損傷の際には褥瘡が生じることが考えられます。

2014/09/29 20:55
ID : bqzuosqqxo
1

腰髄を損傷すると下半身の感覚がなくなったり、下肢麻痺などの運動機能障害がみられることがあったりと、下半身に影響が出ることが多いといわれます。
したがって、①が誤っている部位となります。

2016/08/18 21:53
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。