過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10710問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




精神障害者の生活支援に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
精神障害者同士の交流を避けるように助言する。
 2 . 
一人暮らしは避けるように助言する。
 3 . 
本人の事は家族に決定してもらう。
 4 . 
外出などの予定に応じて薬の量を調節するように助言する。
 5 . 
幻聴は否定せず本人にとっての事実として認める。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は「5」です。
幻聴は本人にとっては幻ではありません。周りの人も受け入れる必要があります。

日本では長らく、精神障害者に対して社会から隔離して長期間入院させるなどの措置がとられてきました。

ですが、現在は精神的に障害がある人も、地域の中で関わりを持ちながら暮らしていけることが大切です。

1.障害のある方同士のコミュニティで支え合うことで、症状の改善に取り組む施設もあります。

2.周りのサポートを受けて、一人暮らしをすることも可能です。

3.本人の言葉に耳を傾け、自主性を尊重することが大切です。

4.精神障害者に関わらず、医師の判断によらない勝手な内服の調整はしてはいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は5です。
幻聴は、当人の内面社会ではれっきとした事実です。そこを否定せず共感的に対応することは、信頼関係を構築する上でも重要なポイントです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は5です。

1、2(×)精神障害者同士の交流や一人暮らしを避けなければいけないということはありません。
3(×)障害者本人にも決定権はあります。
4(×)服薬は、勝手に量を調節せず、決められた量を決められた回数飲むことを守らなければいけません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。