過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10711問」を出題

問題

[ 設定等 ]
居宅生活での転倒予防に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 .  スリッパを履くように指導する。
2 .  玄関マットを敷くように指導する。
3 .  段差に目印を付けるように指導する。
4 .  目の粗いじゅうたんを敷くように指導する。
5 .  夜間のトイレに起きたときの照明は明るい方がよいと指導する。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は3です。段差に目印をつけることは、注意を促し、転倒を防止することにつながります。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→スリッパは脱げやすいこと、滑りやすいこと、引っかかりやすいことから転倒の原因になります。そのため、スリッパを履くように指導するのは不適切です。
2→玄関マットを敷くことで段差ができ、つまづきの原因になります。また、素材によって滑りやすいです。
4→目の粗いじゅうたんに足を引っ掛けてしまう恐れがあります。これも転倒の原因になり得ます。
5→高齢者の場合、明暗の調節力も老化により劣ります。そのため、夜間のトイレに起きた時の照明を明るくするとまぶしさを感じ、かえってよく見えないことも考えられます。そのため、不適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は3です。

慣れている自宅での生活でも、段差は思わぬ転倒の原因にもなるものです。わかりやすいよう目印をつけることは適切な指導にあたります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は「3」です。段差に目印をつけることで、踏み外しやつまずきの予防になります。

1.×。スリッパはサイズにゆとりのあるものが多く、つま先を挙げ、かかとから地面に着くという望ましい歩行動作の妨げになります。また、スリッパが脱げないにように、すり足を助長することもあり、ふさわしくありません。

2.×。玄関マットがあると段差ができてしまいますし、マット自体が動いてしまう危険性もあります。

3.×。じゅうたんの目が粗いと、足の指先や杖の先を引っ掛けてしまう恐れがあり、危険です。

4.×。明暗の調節は眼の中の瞳孔と虹彩で行っていますが、この機能も加齢とともに低下します。そのため、夜間の室内灯は明るすぎると、まぶしすぎてかえって見えにくいことも考えられます。実際に試してみて、本人にとって見えやすい明るさを選ぶ必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。