過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10712問」を出題

問題

[ 設定等 ]
消化管ストマを造設している高齢者に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Hさん(75歳、女性)は、結腸がんのため2年前に下行結腸ストマ造設手術を行った。その後一人で生活をし、ストマ自己管理や 身の回りの事ができていたが、身寄りがないのでケアハウスで生活するようになった。前向きに生きていこうと考え、買い物や映画 鑑賞にもよく出かけていた。Hさんは、元来几帳面(きちょうめん)な性格であるため、ストマの管理に関する注意事項を守ろうと 努力しているが、現在少しお腹が張ると訴えている。2週間前に買い物に出かけた後から元気がなく、自室にこもり、入浴しなくなっ た。また、ストマの自己管理もおぼつかなくなってきており、ストマ周辺の皮膚にびらんが見られるようになった。

【問題】
次のうち、Hさんの通常の便の性状として、適切なものを一つ選びなさい。
1 .  液状便
2 .  液状便~粥状便
3 .  粥状便~軟便
4 .  軟便~固形便
5 .  硬便
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
41
評価しない
正解は4です。
人工肛門(ストマ)をどの位置につくるかにより、便の性状は異なります。下行結腸ストマでは、軟便~固形便がみられます。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→回腸ストマの場合の便の性状です。
2→上行結腸ストマでの便の性状です。
3→横行結腸ストマでの便の性状です。
5→硬便は、便秘の症状です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は「4」です。
人工肛門(ストマ)は、どの位置につくるかによって、便の性状が異なります。これは、大腸が水分を吸収する器官であるためです。ストマの位置が肛門に近いほど、便は有形に近くなり、硬さも増します。

回腸(液状便)

上行結腸(液状便~粥状便)

横行結腸(粥状便)

下行結腸(粥状便)

S状結腸(軟便~固形便)

となり、正しい組み合わせは4となります。
硬便は便秘で見られるもので、ストマでは通常見られません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
便を体外へ排出するための消化管ストマ(人工肛門)は、造設部分によって便の形状が違います。

下行結腸ストマでは、軟便~固形の便が排出されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。