過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

消化管ストマを造設している高齢者に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Hさん(75歳、女性)は、結腸がんのため2年前に下行結腸ストマ造設手術を行った。その後一人で生活をし、ストマ自己管理や 身の回りの事ができていたが、身寄りがないのでケアハウスで生活するようになった。前向きに生きていこうと考え、買い物や映画 鑑賞にもよく出かけていた。Hさんは、元来几帳面(きちょうめん)な性格であるため、ストマの管理に関する注意事項を守ろうと 努力しているが、現在少しお腹が張ると訴えている。2週間前に買い物に出かけた後から元気がなく、自室にこもり、入浴しなくなっ た。また、ストマの自己管理もおぼつかなくなってきており、ストマ周辺の皮膚にびらんが見られるようになった。

【問題】
Hさんの日常生活支援に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

 1 . 
ヨーグルトを勧めた。
 2 . 
栄養不足に注意した。
 3 . 
皮膚保護剤を貼りかえた。
 4 . 
かかりつけ医に連絡をした。
 5 . 
入浴を勧めた。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
8

正解は3です。
設問に「皮膚にびらんがみられるようになった」とあるので、医師の診察を受けるようにすすめるべきです。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1→「お腹が張る」という表現から、便秘が考えられます。ヨーグルトには整腸作用があるため、適切です。
2→「元気がなく、自室にこもる」と設問にあるため、栄養不足も配慮すべき点であり、正しいです。
4→「元気がない」「皮膚にびらんがみられる」といった状況があるため、医師に連絡するのは適切です。
5→設問に「入浴をしなくなった」とあるので、正しいです。入浴は衛生、血行促進の面で大切です。

2014/12/17 17:20
ID : wpoxudbb
1

皮膚保護剤を勝手に貼りかえることは適切ではありません。
医師や看護師といった医療従事者が判断し行うことです。

2016/08/18 22:05
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。