過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 社会福祉概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

福祉サービスにおける利用者負担に関する次の記述の空欄A, B, Cに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びない。

社会福祉における利用者負担は、制度の趣旨を逸脱した利用による( A )を防止し、社会資源の有効活用を促すなど様々な目的のために導入されている。今日の利用者負担の主な考え方として、提供されたサービスから得た利益に応じてその費用を負担する(  B )があり、この考え方を採用した制度の代表的なものとして( C )がある。

 1 . 
A/漏給----------------B/応益負担--------C/児童福祉法の措置
 2 . 
A/漏給----------------B/応益負担--------C/生活保護法の措置
 3 . 
A/モラルハザード------B/応能負担--------C/生活保護法の措置
 4 . 
A/モラルハザード------B/応益負担--------C/介護保険法のサービス利用
 5 . 
A/モラルハザード------B/応能負担--------C/介護保険法のサービス利用
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
15

正解は4です。

まず、選択肢のAとBに出てくる各用語について解説します。
漏給:支給されるべき人のところに支給がなされないこと。
モラルハザード:利用者の意識や倫理の欠如がもとになっておこる制度やサービスの低下の状況。
応益負担:提供されたサービスから得た利益に応じてその費用を負担すること。
応能負担:利用者の経済的能力に応じてサービス費用の負担が決まり、それを負担すること。

設問文のAが入るところには「制度の趣旨を逸脱した利用」と書いてあるので、モラルハザードが適切です。Bが入るところには「提供されたサービスから得た利益に応じてその費用を負担する」とあり、応益負担の説明がかかれています。

介護保険のサービス負担は、支給限度額内でサービスを受けたものに対し1割と決まっています。

2014/12/24 20:50
ID : wpoxudbb
1

「モラルハザード」とは、手段や仕組みが整備されることで、かえって人の注意が散漫になり、事故等の確率が高まり、規律が失われることを言います。
社会福祉では、利用者負担によってこれを防止しているとされています。

「応益負担」とは、所得に関係なく一定の金額を負担することを言います。サービス利用料の一割負担は、これにあたります。

これらの考え方を採用した制度の代表的なものとして、介護保険法のサービス利用があります。

2016/08/19 22:29
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。